顕正会の崩壊は近い


浅井会長の実現不可能な「誇大妄想」を直視しよう!

      顕正会の崩壊は近い


 宗教法人「顕正会」の浅井昭衛会長は、拙著 『迷走する顕正会を斬る』 (平成21年3月発行)について、未だ沈黙し続けています。

 なぜ 顕正会では、質問や疑問が許されないのか ?
 なぜ 顕正会では、浅井会長が絶対とされるのか ?
 なぜ 顕正会は、国立戒壇を叫ぶのか ?
 なぜ 顕正会は、実働会員が少ないのか ?
 なぜ 主任理事の浅井克衛氏は、突然失脚したのか ?

 本書は 「浅井昭衛伝」 であると同時に、顕正会に関心を持つ方々が持つこうした疑問への、一つの答えになるでしょう。
 高齢の会長が「あと十二年で..」云々という不条理、宗門の化儀では存在し得ない 「大幅形木本尊」 が続々と出現する不可解。
 さすがに顕正会員諸氏にも、その異常さに気づかざるを得ない時が、到来しつつあります。

 平成25年の年頭の辞では、「日本に残された時間は少ない」と述べています。浅井会長の年齢は81歳、「残された時間が少ない」のが浅井氏自身であることは、誰の眼にも明らかです。
 巨大地震・原発災害・国家破産・他国侵逼の「四つの大難」が眼前となったまさにその時、浅井昭衛氏にはもう「残された時間」がありません。

 会長の論法を以ってすれば、それが 「御仏意」 ということでしょう。

        平成二十五年一月